日本ユング派分析家協会
日本ユング派分析家協会 HOME 日本ユング派分析家協会 リンク
学生の種別 候補生の訓練過程 ユング心理学基礎課程修了証書 講座案内 資格取得チャート
組織と役割/会員
講座案内 タイトル

| セミナー  <2016年 冬 ( 関西 ・ 関東 )>・<2017年 夏 ( 関西 ・ 関東 )> |
| 基礎コース <夏学期> ・ <冬学期> | 体験セミナー | グループ・スーパーヴィジョン | 
| 研 修 会 <2016年度 第6回研修会> |

2016年度冬学期
基礎コースについて
 
日本ユング心理学研究所では、2014年度夏学期より、従来のセミナーやスーパーヴィジョン・グループに加え、ユング心理学の基礎を学んで頂くための「基礎コース」を新たに開設致しました。このコースは、登録会員の他、登録会員と同じ基礎条件を満たす一般の方々にも広くご参加頂けるようになっております。ユング心理学にはまだ馴染みのない方にも、勉強途上の方にも、学びの機会として頂ければ幸いです。

「基礎文献リスト」 →ダウンロード

詳細は以下のとおりとなっております。
1) 参加資格 A) AJAJの候補生・聴講生・登録会員
B) A)以外の非会員で以下のいずれかの条件を満たす方
  (1) 心理臨床の実践に(職業として)携わっている
(2) 医師として精神科・診療内科等で臨床実践を行っている
(3) 大学院で臨床心理学を専攻している(修士課程/博士課程に在籍)
2)参加費
A) 候補生・聴講生・登録会員 ¥12,960(うち消費税¥960)
B) 非会員 ¥16,200(うち消費税¥1,200)
3)申込方法 A) 会員の方は、「学期登録用紙」に
B) 非会員の方は、「基礎コース申込書」に
ご希望のコース番号、およびその他必要事項をご記入のうえ、AJAJ事務局宛にFAXまたは郵便にてお申し込みください。
4)お申込先 一般社団法人 日本ユング派分析家協会(AJAJ)事務局
〒604-8126 京都市中京区高倉通蛸薬師下る貝屋町558 澤田ビル2F 201号
Fax:075-253-6560
5)申込締切 2016年8月31日(水)
6)参加可否 9月下旬に、お申込頂いた各コースの参加可否およびご請求金額をお知らせ致します。
*登録会員の方には、セミナー、GSV等と併せてお知らせ・ご請求致します。
7)お支払い 参加可否およびご請求金額のお知らせ後、指定の口座にお振り込みください。
基礎コースは、「ユング心理学基礎課程修了証書」取得のためのセミナー・ポイント (領域1-分析心理学の基礎)としてカウントされます。
日本臨床心理士資格認定協会の研修機会として申請されます。
事務局からのお知らせにつきましては、できるだけメールまたはFAXを利用させて頂いております。
お申込の際には必ずご記入頂きますようご協力よろしくお願い致します。

  2016年度冬学期は、基礎コースとして以下の2つを開講致します。
B-51 「童児元型をめぐって」 佐山 菫子
日時: 2017年2月26日(日) 10:00〜17:00(全6時間)
場所: 東京
会場: 連合会館(4階)401会議室
定員: 40名

小さな子供が大変な力を発揮したり、驚くべき知恵をもたらしたりする童話は比較的よく知られています。また、ギリシャ神話には生まれたての幼児が自分を殺すために放たれた蛇を絞め殺したり、ヘルメスのように、生まれてすぐに産屋を出て早速の大活躍をしたりする話もあります。さらに新生児が産着のままで、枕元にスタンドのように立ち、うっすらとした明かりを灯しながら、夢見る人をじっと見守っていたりする夢もあります。こんな象徴としての童児について基礎文献を読みながら、思いをめぐらしてみたいと思います。文献はむずかしいところはとばし、わかるところをそれぞれに読み込んで来ていただければと思います。

*基礎文献:C.G.ユング「元型論」紀伊国屋書店 (『Y章 童児元型』)
*参考文献:K.ケレーニイ&C.G.ユング「神話学入門」晶文全書 (『I/A 童児神』)

B-52 文献購読 「『ユング自伝』(1)(2) を読む」 松本 憲郎
日程: 2016年10月22日(土)、 11月19日(土)、 12月17日(土) の3回
時間: いずれも18:00〜20:00 (全6時間)
場所: 栃木(会場は参加される皆様に別途お知らせ致します)
定員: 8名 (継続者優先)

前学期に引き続き、「ユング自伝」をじっくり読むセミナーを開講します。
今学期は、「無意識との対決」の章から始まりますが、ユングはこの章の最後に、「私が内的なイメージを追求していたころは、私の生涯において最も大切な時であった――それは生涯の仕事としての第一素材であった」と述べました。その意味で、この時期のユングの「体験」を知ることは、ユング心理学を理解するうえで必須のことと言えるでしょう。ユング独自の心理学は、この時期の体験の展開と理解できますが、それをあとづけた「研究」の章から「塔」の章まで読み進める予定です。

*文献:C.G.ユング「ユング自伝」(1)(2)(みすず書房)

* 受付は、お申込順とさせて頂きます。
ページTOPへ